こんにちは。
夏休みですね~(^_-)-☆

働くお母さんにとっても専業主婦にとっても子供達の夏休みって、結構長くてしんどいものでしたよね。
私もそうでした。

今年は、息子は社会人2年目娘は中学時代の2年間の不登校を克服して入学した高校生活での初めての夏休みでした。

娘が不登校の時でも、息子が大きくなってからも毎年家族で必ず旅行に行っていたのですが、今年は娘のオーストラリアホームステイや部活、家族の夏季休暇の調整が中々つかず、たった1日足らずの夏休み旅行となってしまいました。
しかも息子は同日に友人達と温泉旅行に行くため、今回は欠席。。

娘の部活の解散時間に合わせて旅行の準備をし、車でそのまま学校へお迎えに。。
愛犬チーズを抱っこして娘を待っていたら、コンクール会場から学校へ戻って来た娘達に遭遇。。
皆チーズを見て「キャー!可愛い♥」と女子高らしく大騒ぎ(笑)

ちわぽめアイドル犬?チーズ💛

実はチーズは1か月前、急性肝炎で危機に瀕し、旅行までに回復するかずっと心配していましたが、何とか元気になり、ドクターからも旅行の許可が出たばかりでした。

ドクターは以前鎌倉の病院に勤めていたので、
「犬だからと言っても初めての海なので絶対に浅くて波の立たない所だけにすること!」
「なるべくリードも付けている事
超小型犬は鳶に攫われる事も多々あるので絶対目を離さないよう気を付ける事!」という注意喚起を受け、いざ出発\(^_^)/

チーズは行きも帰りも長時間のドライブ中ずっと私の膝の上ですが、躾をしていなくても車の中では絶対におしっこはしません
時々コンビニやインターで休憩した時に、チーズもトイレ休憩(笑)。

今回の行き先は南伊豆にある、家族のお客様の別荘


到着したのがかなり遅い時間になっていたのにも関わらず、私達が来るのを待ってくださり、ご挨拶後帰られました。


お寿司屋お酒やソフトドリンクやエビフライ(大好物なんです♥)やおつまみや花火、翌朝ご飯まで用意して下さっていました。

床の間にキジの剥製さんがこんばんは(@_@)

チーズは広いお屋敷に大喜びで走り回り!


私達も広いお部屋やお風呂に大喜び!ジェットバスまで付いて快適💛

お風呂も脱衣所も広々~♡

深夜(というか明け方になっていたけど)山小屋風の寝室でゆっくり眠りました。

可愛い山のペンションのような寝室(o^―^o)素敵な絵画も飾ってありました。

朝早く水を飲みに台所に立つと、チーズが1匹で大広間のカーペットの上に寝ていたので、ベッドに連れていたところ居心地が良かったらしく、ぐっすり眠りました。(※別荘の持ち主は大の犬好き)
結局マナーおむつを持って行っても、チーズはわきまえていて室内で一切おしっこをしなかったので、必要ありませんでした。

畳の広間のホットカーペットの上で眠っていたチーズ

そして翌朝、広い庭をドッグランのようにチーズが駆け回る事を想像していたのですが、何故かやたら玄関の方へ戻って、家の中に入りたがります。

せっかくドッグラン状態で走ってくれるかと期待しましたが。。

何度やっても同じ。
縁側に出しても何故か部屋の中に入りたがります。

何やらトコトコ走って向かった先は玄関

折角、敷地内に畑や芝生や池や橋や小川まであるのに。。。。

鯉もいて蓮の花がきれいな池の橋

敷地内には畑もあり、お花も沢山咲いていました。

そしてチーズの望み通り家の中に入れてあげると、真っすぐに寝室のベッドへ。。
余程このベッドが気に入ったようです。(笑)

チーズはどうやらこのベッドがとても気に入ったよう。。

さて、お昼ご飯を食べて出発!
滞在時間約16時間の強行旅行(笑)

帰り道、堂ヶ島の海岸に立ち寄りました。

堂ヶ島

チーズ、生まれて初めての海は?

チーズドキドキの海は?

怖がりで慎重なチーズはかなりビビッている様子。

でも娘はそんなのお構いなしに満面の笑顔でチーズを海水に入れてみると。。

ちゃんと犬かきした!

パチャパチャパチャ。。
ちゃんと犬かきをしました!

海に入って恐竜になってしまったチーズ(笑)

そしてすぐに岩に逃げるチーズ。。

やっとの思いで岩まで登るチーズ

又抱っこしてチーズを海に入れようとする娘(笑)

又海水に戻されるチーズ

みんなお腹空いていないから娘だけ堂ヶ島ソフトクリームを食べてまた出発。

堂ヶ島ソフトクリームを待つ2人?チーズもちょびっと舐めさせてもらいました。

お盆の最終日はUターンラッシュで激込みなので、ゆっくり何度も休憩を取りながら帰途に着きました。

「お帰り~!」息子も旅行から一足先に帰っていました。

翌日から私以外はご出勤、娘は部活の仲間とスパハワイアンズリゾートへ行く為、早朝出発。

お疲れ様です。 

気やエネルギーを長年勉強していると、母親の役目ってエネルギー的にも本当に重要なのがよく分かります。

何故かって外から疲れて帰って来た家族全員にエネルギーを与えてあげる存在でないと、家族の健康や安心は守れないからなのです。

最近は母親も家庭の外の事で忙しくなってしまう人が多いので、かえって疲れて帰って来た家族からエネルギーを奪うような真似をしてしまいがちなのです。

まさにエネルギーヴァンパイアになってしまっているのです。

家族が何となく家に帰りたくない家庭っていうのは確実に母親(又は妻)のエネルギーが低いからなのです。
だから家庭で癒されないし、居心地の良くない家になってしまいます。

ワーキングマザーは特に意識して、外でエネルギーを消耗し過ぎないよう、気を付けないといけません。
以前はフルタイム勤務のワーキングマザーでしたが、娘の不登校をきっかけに、お勤めを辞めて違った働き方をするようになりました。

その話は又今度。。。

家族全員が揃って旅行や外食に行けたり、一緒に食卓を囲んだりという時間がいかに宝物のような時間だったか、子供達が成長すると身に沁みますね。

一生のうち、子供と一緒にいられる時間って案外限られていますね。
大切にしないといけませんね。