えー? 嘘でしょう? 私の大切な友人を愛人として売ろうとするなんて!

怒って起業しちゃった私。(笑)
実は物凄くブチ切れたから起業したんです!!!
記念すべき第1回女神テティスの母性塾のコラムは、テティス起業秘話

私の前職は研修会社の社長室長、要は秘書=大企業と違い、何でも屋さんでお手伝いさんのようなもの。

人脈だけで渡り歩いていた私は、当時化粧品会社のマネージャー時代知り合った、研修会社の女性社長のところへひょんなご縁で働く事になりました。

元々営業ウーマンだった私は、営業から総務、人事、経理、途中から人材紹介会社も立ち上げ、スカウトや面接などあらゆる仕事をこなしていました。


社長夫妻の夕飯つくりと愛犬の世話まで。。

さらに結婚している40代の女社長は、家事がからきしダメなのに、ご主人は毎晩家でご飯を食べたがるという家庭。

私がたまたま料理が出来るのを知り、仕事が終わる夕方から毎晩社長夫婦の夕ご飯まで作らされる羽目に。

社長はご主人には「自分が作ったの」と言って出していましたが、勿論ご主人は、「最近ご飯がとってもおいしいな~!」と大喜びしつつも「これほんまに○○が作ったの?」「ほんま?」といつも疑っていました。当たり前ですよね?

更に犬も飼っていましたが放置状態だったため、私にはとても懐いていたので、犬の面倒も必然的に見る羽目に。。

でもここまでは何とか私も我慢出来ました。


支払うと約束した紹介料をやっぱり払いたくない?

 

研修会社でしたが婚活仕事が当たり、婚活モテセミナー講師としてあらゆるジャンルの講師が必要になり、社長よりも良い人脈のある私は、沢山の友人をセミナー講師としてスカウトし、連れてきました。

社長からは「紹介手数料を出すからどんどん紹介して。」と言われていましたので。

ところが、元モデルでOL経験のない社長、突然「やっぱり紹介手数料を払いたくない」と言い出し、それまで書面での契約をしたことがなく、口約束の支払いだった為、揉める事に!

そしてその結果、向こうが突然出してきた契約書が呆れるほど自己中心的で、先方にだけ一方的に有利な契約書でした。

私は秘書として社長の代わりに何十枚もの契約書を読んで捺印をしてきたので、きちんとくまなく読みこむ為、他の人のようには騙せません。

「こんなバカバカしい内容では契約できません!」とお断りました。

そして更に驚く事に、私が結婚相談所のモテセミナー講師として連れてきた美人な友人(実際に人気講師として活躍してくれていました)を勝手に取引先社長の愛人として売ろうとしました。

その取引先社長、大阪が拠点で妻子も自宅もそちらにありましたが、東京本社への出張が増え、綺麗な東京妻がほしいと言い出したらしく、何故、堅気の研修会社の当社にそんな話が来たのかわかりませんが、社長が「いい娘がいますよ!」と売り込んだらしいようでした。

その上、その社長の酒席に、美人な講師を接待要員として使いたいだのとほざきました。

本気で怒ったわよ~!

本気で怒ったわよ~!

はぁ? ?? 頭おかしいんじゃないの? 置屋のやり手婆じゃないんだから!(言葉悪いけど)

コンパニオン事務所からコンパニオンを呼ぶかキャバクラにでも行ってくれ!!

愛人がほしけりゃ自力で探しなさい!(その社長40代男のくせに!70代の爺さんだって自力で調達しているわ!)

それすら出来ないのなら、愛人なんて作る資格なし!!!

何より私自身が、大切な友人を失うところでした。

かくして私についてきてくれた美しき講師達、あなた達の為に私は頑張って仕事を取ってくるから待っててね!

こうして激動の中、女神テティスを立ち上げる事になりましたとさ。