女神テティス、あのオペラ界のプリマドンナ中丸三千繪さんのデビュー30周年リサイタルへ行って参りました。

今回はネクシィーズが主催という事でパッションリーダーズの中心人物のゆりかさんにお誘い頂き、何とラッキーな事にS席ご招待で行って参りましたわ。♥

オペラをご一緒した美女達

オペラをご一緒した美女達

中丸三千繪さんはマリア・カラス・コンクール(イタリア人以外初優勝)パヴァロッティコンクールなど、日本人初又はアジア人初として数々の国際コンクールで優勝を重ね、世界の超一流のマエストロ達と共演を重ねた、まさにオペラ界のプリマドンナ。

実は私が何年か前にほんの瞬間風速レベルで勤務した会社会長や取引先経営者が、彼女の後援会メンバーだった事もあり、(安倍首相を始め錚々たるメンバーが彼女の後援会メンバー)、中丸三千繪さんのカリスマ性だけは存じ上げておりました。
しかし実際に歌は聴いた事がありませんでした。

まさか突然こんなラッキーが突然降ってくるなんて思いもよりませんでした。☆彡

 そして当日会場の紀尾井ホールには、山田邦子さんやデヴィ夫人お仏壇の長谷川会長など、著名人がずらり!

舞台が始まると、もう会場がまるで天国のような場所に様変わり。
それ位中丸三千繪さんの歌声は、この世のものとは思えない程天使のような美しい声、そして56歳とはとても思えない程の美しさと若々しさと可憐さ♥

やはりこの人は今の時代に神様に選ばれてこの世に降臨したミューズなのだなと心底思いました。☆彡☆彡☆彡
(女神の私が言うのも何ですが)

世界に誇る歌姫 中丸三千繪さん

世界に誇る歌姫 中丸三千繪さん

今日のリサイタルは、日本一と言われる素晴らしい解説付き。
2~3曲毎にドレスを着替えるのはデビュー30周年ならではのファンへの大サービス。
黄色から黒から赤へと、どのドレス姿も本当に素敵。
そして何よりもスタイルが良い!!!

誤解を恐れずに書くと、欧米人受けする日本人女性って、日本人受けしない容姿の人が少なくないけれど、彼女は違いました。
優しくて可愛らしい美人顔に、痩せすぎず太りすぎず、でも女性らしい絶妙なプロポーション。
それは生まれ持った財産だけでなく、死に物狂いでストイックに努力してきた賜物でしょう。

後でトークでもありましたが、やはり30年以上世界のトップを走り続けるオペラ歌手は、オリンピックスポーツ選手並みのハードでストイックなトレーニングをずっと重ねてきている事を知り、現在の彼女の歌声も容姿の美しさも血のにじむ努力があってこその結果だというのがよく分かりました。

あああ、怠け者で運動音痴の私は、生まれ変わってもオペラ歌手になんてなれないよな~なんて見当違いの妄想をしてみたり(笑)

歌曲は全部で21曲
21曲全観客誰一人をも飽きさせない素晴らしさでしたが、私はシュトラウスの「眠りにつくとき」ラヴェルの「亡き王女のパヴァーヌ」ヴェルディ椿姫より「さようなら、過ぎ去った日よ」が良かったです。

そして、最初実はプログラムを見て、一番大好きなオペラ「蝶々夫人」の曲がなくて少しがっかりしていたのですが、何とアンコールで「可愛い坊や」を歌ってくれました。もうブラボー☆彡最高でしたよ。

アンコールで4曲も歌ってくれた歌手って初めてでした。
しかも正直に「私は(蝶々夫人の)ある晴れた日に」が好きでないので「可愛い坊や」を歌います!」なんて言ってくれるもんだから、余計親近感が湧き、ファンになりましたよ。(⌒∇⌒)

ピアニストの安達朋博君もジャニーズタレントかしら?と思うほどの若くてイケメン
大ベテランの三千繪さんのリードにも堂々とついて行っていました。

休憩時間に小平つかささんを見かけて、「つかささん」と声かけたら、ちょうどデヴィ夫人と一緒で、紹介してくれました。
デヴィ夫人は足が細くてめちゃくちゃスタイルが良かったです。
名刺も交換し、10月にパーティーをやるのでいらしてね。とお誘い頂きました。やった!行くわよ~♡

その後の懇親会は頭痛が酷くなってきたので参加せず帰宅する事に。。。

そうしたらホールから出た途端めぐみさん!て今度は女優さんかしら?と見紛う程若くて綺麗な子が私に向かって手を振っているので、誰かと思ったら、お友達の麻以ちゃんでした。

麻以ちゃんは、息子と1歳違いだけど、私のれっきとしたお友達
私が瞬間風速でいた化粧品会社初代を務めたのが彼女だったご縁でお付き合いが続いています。

そして隣にはイケメンで王子様のように優しそうな男性がニコニコと。。
もう美男美女のカップルでしかも彼はお医者さん
本当にお似合いすぎな完璧カップル♡

 

若くて美しくて聡明で優しいお友達♡の麻以ちゃん☆彡

若くて美しくて聡明で優しいお友達♡の麻以ちゃん☆彡

 

麻以ちゃんはその以前いた化粧品会社の会長からお誘いがあり、コンサートに来たそう。
別な美女友人も何年振りかでロビーでばったり会い、やはりこの会長に誘われて来たらしい。

そして今私は、何の因果かその会長とライバルの会社の社長のご招待で同じコンサート会場に来ている。
面白いわ~!人生って。。。

でもね、あの瞬間風速でいた会社時代に出会った人脈は物凄く今でも十分活きているの。
だからね、良い事も悪いことも、決して無駄な経験はないのよね

さて、私はその晩から病に倒れ、2日間寝たきりになることに。

こう言う人が多い場所に行くと、何かもらってきちゃう憑依体質なのかしら?