又もやブログをご無沙汰を致しておりました。(;^ω^)

中学での不登校を克服した愛娘が第1志望の高校へ入学したり、私はUE(アルティメット・エナジェクティス)という宇宙エネルギーワークとの出会いで、女神セッションというセラピストとしての仕事もスタートし、毎日目まぐるしく、ブログに書きたい事、沢山溜まっておりました。😅

本当はテティスの新たな事業の女神セッションの事を書きたかったのですが、今日は特別な事があり、急遽内容変更しました。(女神セッションの事は近日中にブログにアップするので予定ですので、お待ち下さいね。)

昨年のちょうど今頃のブログ、毎年恒例の高校時代の仲良しの友人達との楽しい集まりの記事を投稿していました。
昨年のブログはこちら

今年もまた通年と同様、集まれるメンバーで楽しく横浜で会食をするつもりでいました。

そして例の如くGWの少し前に「今年はみんないつが都合がいい?」と連絡したところ、いつも1番楽しみにして真っ先に連絡をくれるT子から返信がなく、おや?と思いました。

心配なので、メール⇨携帯⇨ショートメールと段階を踏んでコンタクトを試みるも全く反応なし。

他の友人にも聞いたところ、皆昨年集った後は会っておらず「そう言えば毎年来るT子からの年賀状が今年はなかったね。」と不思議に思っていました。

彼女は透析をしており、過去にも何度か大病をして手術や入院をした事もあり、心配して実家に電話をしてみました。

そうしたら、お父様が出られて、衝撃な真実を聞く事になりました。

T子は昨年の6月(皆で会った一ヶ月後)に職場で脳溢血で倒れ、救急車で運ばれ緊急入院し、半身不随で要介護4となり、車椅子生活になってしまいました。

その後転院し、ずっと入院をしていましたが、9ヶ月後、やっと退院し、自宅でお母様が介護されていました。
しかし1ヶ月後お母様が具合が悪くなり検査入院をしたところ、急に容体が悪化し亡くなってしまいました。

まだ亡くなられて1ヶ月も経過していないお話です。
お母様が亡くなられた後、役所や金融機関などへ諸手続きをしなくてはならないのに忙しくて遅々として進まない事、84歳のお父様が1人で娘を介護するのは困難な事、外出時に要介護4の娘を置いていけない事などがあり、お母様が検査入院をした時から、以前の病院に再入院をしているが、いつも「早く自宅に帰りたい。」と泣かれるので辛いと嘆いていました。

余りの突然の出来事に言葉をなくしてしまった私。😢

どうして良いかわからず、兎に角皆に知らせました。
皆も「知らせてくれてありがとう」という言葉と共にかなり衝撃を受けていました。

そして今回、会食は延期にして、お見舞いに行こう!という話がまとまりました。
今回集まれないメンバーは、別便で個別にお見舞いに行く事になりました。

そして今日、第一便の私と友人達で懐かしの上大岡(私が小学4年生~大人になるまで育った街)に集合。
そのまま病院のそばのレストランでランチをしてからお見舞いに伺いました。
え?こんな住宅街にレストランなんてあるの?と思いましたが、意外にも隠れ家的な美味しくて素敵なお店で満席でした。
地元の友人が予約してくれなかったらかなり待ったかも。♪

ひっそりと住宅街にある隠れ家的なお店クレモナ

1年ぶりに会った友人達も、お互い近況を報告しながら、私の女神セッション(UE+フォーチュンカラーセラピー)に興味深々。。。思わずUEを始めてから急に開いてしまった視える力の話を熱く語ってしまいました。(笑)

そして、その後私も友人も其々勇気を奮い立たせ、病院へ。

病室に行こうとしたらちょうど廊下でお父様と一緒に看護師さんと話している車椅子に座ったT子が。。。

「T子!」と声をかけると、びっくりした顔をした後、ちゃんと私達の名前を呼んで涙ぐみました。

お父様から、もう4歳程度の能力になってしまったと伺っていたので、私達の事も覚えていないかもしれないと覚悟していた事もあり、嬉しい誤算でした。

そしてお父様も一緒に皆で2時間位楽しく、時には涙ぐみながら話が出来ました。

友人達と海外旅行へ行った事や、彼女や他の友人達が本田恭章(知っている?笑)の追っかけだった事もちゃんと覚えていて、記憶もなくなっていない事を嬉しく思いました。

「本当は自分が先に逝くつもりだったのに、奥さんに先立たれて、更に娘がこんなになってしまって。。本当に考えもしなかった事ばかり。」とお父様は呆然としていらっしゃいました。
東北にいる彼女の弟に、「自分にもしもの事があったらお姉ちゃんの面倒を頼む」とお願いしているとも。

頭もしっかりしている彼女は横で話を聞いていてとても悲しそうで、お父様も気の毒な為、どう反応して良いか戸惑いました。

それでも娘に対する愛情や憐みを持ちながら、献身的に世話をしてくれるお父様がいて、まだ彼女は幸せだなとも思えました。
子供のようになった彼女は、時にお父様に向けて感情をむき出しにしたリ、拗ねたり、可愛くなっていました。

その時に、友人が明るく大きな声で
「大丈夫だから!複数のサービスをちゃんと受ければお父様の負担も少なくなるし、T子もこれからリハビリしたら絶対に良くなって、自宅で何でも出来るようになるから!」と自信を持って言ってくれたので、その場の空気がパッと楽天的になりました!
彼女のお義母様が同じく要介護4で、一人暮らしをしながら複数のヘルパーやデイケアやリハビリサービスを利用して、ちゃんと何から何まで不自由なく生活しているというから、説得力があります。

そして不幸中の幸いは、彼女が大企業に、入退院で休職を繰り返しながらもずっと勤め続けた事でしょう。

やはり独身女性こそ安定した企業に正社員としで勤め続けるのは大事だなと思いました。

彼女は数ヶ月前に正式に退職してしまいましたが、自分で購入したマンションの早期ローン返済は完了しており、そこに両親と一緒に住んでいたので孝行娘でもありました。

一昨年集まった時、「私は孫の顔を親に見せてあげる事は出来なかったけど、弟が結婚して子供2人も産んでくれたから本当に良かった」と微笑んでいた事を思い出しました。

運命は、時に残酷なまでに不公平なスクリプトを作成する。。。。

帰り際、友人が「T子、元気になったら今度車椅子で一緒にランチに行こうよ!私義母を何度も車椅子ごと車に乗せてあちこち出かけているので慣れているから、連れて行ってあげるよ!」と声をかけたら、何かすぐに実現できそうな気がしてきて、その場にいた皆が前向きになってきました。(o^―^o)

次の便でお見舞いに行くのは、介護職のプロとして仕事をしている、面倒見の良い友人。きっと強力な助っ人として力になってくれるでしょう。💪

帰る時、出口まで出て見送ってくれたT子とお父様。

笑顔で手を振りお辞儀をして進んだ後、気になって後ろを振り返ったらまだこちらを見ているので手を振り、また暫く歩いて振り返ったらまだこちらを見ているので手を振り、後ろ髪を引かれる思いで後にしました。

「お互い、倒れないよう気を付けないとね。」
「私達、元気なうちは、頑張ろうね!」
「なるべく、会える時は又集まろうね!」

当たり前と思っていたけれど、今ある健康に感謝をし、後悔しないように一生懸命生きよう!
やろうと思っていた事はどんどんチャレンジしないと人生勿体無い!
心新たに決意しました。

私の女神セッションでは、本来の自分の才能と運命に最短最速で出会う事が出来ます。

きっと私は役割があってこのタイミングでセラピストをする運命だったのだなと思います。

私もセッションするお相手も、本来の自分にどんどん戻って行くセラピーだから、もっと必要としている人にセッションをして行かなくては!と改めて確信しました。
だってその為に授かった特殊な力ですものね!(^_-)-☆
活用しなければ勿体ない!

女神セッションの詳細は今後のブログでもどんどん紹介していきますね。

お楽しみに!♪